ぶらり一人釣り旅

f0153018_20532580.jpg

自分がフライフィッシングをやり始めて1年目の夏
足繁く通った河川がある
その頃は同僚と毎日のようにイブニングに熱中していた
業務が終わったと同時に海岸線を爆走
混み合うポイントの争奪戦でした
夕暮れが迫ると下流方向から白い羽根を広げた水生昆虫が一斉に飛び立つ
顔、ベストの胸元、足下と至る所にぶつかっては水面に落ちて波紋が広がる
飛翔を妨げられた水生昆虫
そう自分が初めて目にしたヒガナガカワトビケラでした
手の平で忙しなく動き回る姿、結構な大きさなのである
そうこうしていると5m下流でドボ~ンと派手なライズ・・・おっ、大きい!
不意に足下でバシャーン!
反射的に右手がライズの方向にキャストしている
今度は左側でライズだっ!
同僚はコンスタントに釣果を伸ばしているのだが・・・
ビギナーの自分に正確なラインコントロールが出来るはずもなく
気付いたらフライは辛うじて付いていましたが、リーダーはお団子状態(涙)
それを解いていたらライズが終わっちゃいましたとさっ(爆)
そんな想い出が詰まった川へ2年ぶりに訪れてみたんですが
今日はハズレでした(笑)
[PR]

by kitasaitoasahikaw | 2010-04-24 20:58 | Fly fishing