バッテリー充電

レプソルのバッテリーを取り外して2ヶ月以上が経過。
完全に放電してしまうと使用不能となるのを回避する為、そろそろ充電しないといけない。
バッテリーは密閉型で、内部の電解液容量が確認できない黒の容器。
余談であるが、通常のバッテリーは電解溶液(希硫酸)の補充用キャップがあり、比重を測定できる。この比重1.280の測定で、ある程度のバッテリー寿命が判断することができる。
正確に言うと、温度変化で比重が変化することから、20℃換算比重を用いて各セルの比重を確認するのだが、棒温度計も必要になるから実用的ではないですネ。
f0153018_13105637.jpg

レプソルのバッテリーは起電力2.1(V)×6セル=12.6(V)
充電前の電位差はテスターで12.7(V)、特に問題はないと判断できる。次の充電時期は3月頃に予定。
[PR]

by kitasaitoasahikaw | 2007-12-22 13:12 | Motorbike