Pink salmon

カラフトマスが岸よりしたとの知らせを受け、一人で向かった先は小さな川が海へと流れ出すオホーツク海。深夜の国道を走り続け、まだ夜が明けきらぬ午前4時にポイント到着。干潮のピークは6時に迎えるはず。早速車から降り立ち、うねりがないか確認しようと波打ち際まで行くと、沖の波間に先行者が二人。一人はルアー、もう一人はフライでトライしていた。入ろうとしていたポイントは誰もいない。しめたッ!
タックルはライトなダブルハンドでオーバーヘッド。マスの回遊コースまでは十分な射程距離と判断した。独占したポイントで延々とキャストを繰り返すも、時間はすでに6時30分。ようやく釣り人が少ないのが理解できた。単純に群れが岸よりしていないのである。
せっかく来たのに!今日は、だめかなと思い始めた頃、すでに時計の針は7時を廻っていた。あと数回のキャストでやめようと、着水したリーダーのフケを取ろうとラインを寄せていたら突然ラインが沖へと一直線となった。
f0153018_20244934.jpg

一瞬、えっ! 何が起きた! まずい! 止めれないーっ! この間僅か10秒程の出来事である。それまで海面に鋭く突き刺さったラインは、糸の切れた凧のように力無く漂っていた。
立ち直るまで5秒掛かりましたヨ。心のリセットは早いほうかな。(笑)
フレッシュな群れが入ってきたようで、それまでの疲労は吹っ飛んじゃいました。
昨シーズンから始めたフライによるカラフト鱒の釣り。確実に釣果へ反映できるようになりました。でもね、そこに絶対鱒が居ること、あと当日の潮回り、釣り人の経験の差がでる釣りですネ。
勉強になりました!

PS:シーズンを振り返り、明日は回想録として今年最後のエントリーとなります。
[PR]

by kitasaitoasahikaw | 2007-12-30 20:11 | Fly fishing