渚滑川vol.02・・・プリティウーマン

先週末の日曜日、前日の道北サプライズ釣行から今度はオホーツク海に注ぐ渚滑川へ。
当日、いつもの待ち合わせの場所へは朝4時に到着。
これから何処かへと旅立つ乗用車が20台程止まっていた。
今回ご一緒に同行する方は、以前から二人で渚滑川釣行を計画していたカチョウさん。
前回、H爺の釣果ゼロと昨年の釣行データから予想しての釣行計画。
入釣ポイントの下流には早くも先行者の陰。
どうやら1名のようだ。
その先行者の後を追うように二人でテンポよく釣り下る。
f0153018_20253699.jpg

H爺は入釣早々特大ウ様の2連発!・・・朝から勘弁してよね~!
はぁー、いきなりモチベーションが下がっちゃいました。(笑)
80m程釣り下ったところで二人とも反応無し。
まっ・・・まずい、今日も渚滑は撃沈の予感が。(汗)
さらに釣り下がると左岸側で河床の岩盤が掘れ、表層は複雑な流れを形成している。
そのポイントは先行のカチョウさんもフライを流し終えている。
どうやら、ここも居ないのか!?
H爺の一投目、僅かに流芯から右岸寄りへキャスト。
流れに任せフライは確信部へと吸い込まれていった。
何事もなくラインが左岸にたどり着く。
二投目、直接流芯へキャストしてフライを送り込む。
ラインの弛みが徐々に伸びて一直線上になったその瞬間、ゴンゴンと小気味よい当たりがロッドを通して伝わってきた。
ヒットだ!
f0153018_20263882.jpg

突然奴は流芯を上がってくる。
ロッドを倒して左岸側へと誘導するも幾度となく底へ刺ささり込み抵抗する。
ナイスファイター!
奴を浅瀬に誘い込み何とかランディング。
f0153018_20265414.jpg

ここまでさんざん奴と言っていたことを撤回しなきゃ。
対面するもサイズこそ大きくはないが、ピンとした尾びれ。
ナイスボディ!
そう渚滑のプリティウーマン
凄く綺麗でしたよ。
f0153018_2047864.jpg

この後数尾を追加して昼食を挟み再び釣り下るも、遠くの方で雷鳴が響き渡る。
最初はさほど気にしてはいなかったが、だんだん自分達の方へと近づいてくる。
数分後突然のスコールに見舞われた!
うぁ~って言ってしっかりデジカメで写真撮っちゃいましたよ。
そんな中でもチャッカリ一尾を追加しましたから。
レインジャケット着ていたとは言え、あのようなスコールで釣りをするなんて変!
その後雨は止みそうも無かったので、結局13時過ぎに終了。
渚滑レインボーは年を越して更にたくましい魚体なっていましたよ。
これも釣り人のルール&マナーが徹底されてきた証拠でしょうね。
[PR]

by kitasaitoasahikaw | 2008-05-27 21:22 | Fly fishing