木漏れ日

どんよりと厚い雲に覆われた朝、オショロコマが棲む渓流へ車を走らせる
早朝の国道、行き交う車はどれもトラックばかり
峠を越えた頃には、青空が広がり今日の釣行に期待を膨らませる
待ち合わせの時刻より少々早めに到着
f0153018_17301544.jpg

今回の釣行は、かねてからクレージーさんのお誘いで実現したもの
そしてクレージーさんが師と仰ぐMさんもご一緒である
早速ポイントへ移動し、ご厚意で先行させて頂きました
f0153018_17431137.jpg

先ずはドライフライで反応を確かめる
小さな流れ出しの脇へキャスト
電光石火のごとくアタックしてくるヤマメ
f0153018_17492980.jpg

沈み石の脇、よれている流れにフライを乗せ、流しきったところでリトリーブ中に反応したイワナ
このイワナ、パーマークがある!・・・なぜ?
f0153018_17532163.jpg

次に、流木が沈み流れが複雑に形成されている所へエルクヘアーカディスを打ち込む
スラックキャストを試みるが、12ft5Xのリーダーでもナチュラルドリフトは5秒が限界!
このポイントには何故か絶対に鱒が居ると確信
数回目のキャストでやっと反応してくれましわ
初めてのオショロコマ
ただ、イワナ同様パーマークがあり背中にはイワナ特有の斑模様が?
混棲故だからでしょうかね?
f0153018_1875213.jpg

各ポイントは所々に適度の深みがあり、そんな所からは必ずと言っていいほどヤマメが反応してくれました
小さなくせに、自分達のフライに果敢にアタックをしてくれる鱒達
f0153018_18131580.jpg

日が昇り木漏れ日が差し込むなか、周りの白樺他落葉樹のお陰でとても快適な釣行
そして素晴らしいロケーション、クレージーさんが勧める訳ですね
f0153018_1823276.jpg

3名でワンスパンの釣り下りを終え、一旦深い森を抜けて早めの昼食
ところが外はピーカン、微風・・・あっ暑い!
これからの釣りは、朝一かイブニング狙いでしょうね
日中のつりはバテちゃいます(笑)

●クレージーさん、ありがとうございました。
●M師匠、お茶ご馳走様でした。
[PR]

by kitasaitoasahikaw | 2008-07-05 18:50 | Fly fishing