ネイティブトラウト

前日、道内の天候は朝から激しい雨
このような状況で今日の釣行は、断念する覚悟であった
今回は鮭児さんのご厚意で案内をして頂いたポイント
出勤までのお付き合いと言うことで、無理やりご一緒させて貰いました
って言いますか、連れて行ってとせがんだ訳でして(汗)
f0153018_16171422.jpg

他の河川が濁りで釣りにならない中、ここの河川水況は雨の影響を全く受けず濁り一つさえありません
それどころか透明度がすこぶる良く、河床の石の形まで良く見えます
早速先行で右岸からウェットでダウンクロスによる釣り下り
少し下流で小さなライズを確認するも、反応は皆無
幾分雨で水温が下がっていたようなので、ラインンシステムをフローティングからシンクティップ、フライをウェットからB・Hニンフに変更
対岸の流れの脇に一度フライを打ち込み、ラインを流芯に乗せる
流れでラインのティップ部分が底へと引きずり込まれていった
ロッドを通してターンの感触が伝わってくる
ゴン!
いきなり派手なジャンプを繰り返し抵抗するレインボー
すかさずロッドを起こし、プレッシャーを掛ける
ここのレインボーはサイズのわりに、とにかく走ってくれるわ、跳ねるわですこぶる元気
楽し~い!
f0153018_1620650.jpg

ただ鮭児さんがポツンと一言、今日は思いの外釣果が伸びないね
確かにこの1尾で後が続かないまま、鮭児さんは職場へと向かわれました
その後は一人でポイント周辺を上下に釣り歩きヘロヘロに
ふと空を見上げれば、青空
f0153018_16205072.jpg

結局、昼頃までに数尾を追加することが出来ました
f0153018_1622417.jpg

ただ残念なことに、とあるポイントで餌釣り師とバッタリ会ったとき
自分の姿を確認するなり、いそいそと竿を片付け始めポイントを立ち退きました
しかしその片手にはビニール袋
すれ違いざまに釣果を聞くと、自慢げに答えてくれました
中身は全てレインボー
今日は五匹だった・・・全部食べるのかな?
これだけではないんですよ
立ち去ったと思った餌釣り師、自分の30m下流のプールで我先に竿を出す始末
これには唖然とするやら、あきれ果てましたわ!
マナー&ルール、俺には関係ないと言う事でしょうかね
これだもの日に日に魚影が薄くなるわけだよね・・・残念です
f0153018_16233277.jpg

鮭児さん、忙しい中早朝からお付き合いして頂き有り難うございました
ぷくぷくのレインボー楽しかったですぅ
[PR]

by kitasaitoasahikaw | 2008-07-12 16:30 | Fly fishing