East River'08・・・冬の陣(その四)

Labyrinth・・・迷宮

 氷点下9℃の世界、夜も明けぬ国道39号線を東に向けひた走る。層雲峡から三国トンネルまでの圧雪アイスバーン。ハンドリングは慎重かつ冷静にコーナー直前でエンブレを軽く効かしタックインでタイトコーナーを走り抜けていく。松根橋を通過する頃には東の空がうっすらと赤みを帯びてきていた。
f0153018_13221634.jpg

何処までも続く平坦な道、十勝平野を走る頃になるとまばゆいくらいの太陽が顔を出し、とたんに外は真冬の冷気に包まれていく。ポイントに降り立ち吐く息も白くいっそう冷たさを感じさせる。
f0153018_13232495.jpg

 いつものように支度を済ませ、いつもの通り釣りをする。そしていつものように釣れない。仕方なく宛てのない放浪のポイント探しが始まった。彷徨い始め辿り着いたポイントは最初に釣りを開始した場所の真向かい、時計の針は12時を過ぎ超えていた。
f0153018_1323594.jpg

やっとここで一尾のアメマスと出会うことが出来た。自分のフライをしっかりと銜えてくれた魚体は、西日に照らされ銀鱗が眩しい程に輝いている。銜えたフライはこれと言って特徴のある物ではなくチャートリュース。その後手持ちのフライを取っ替え引っ替え流すも明快な答えを出せず迷宮する。
f0153018_13242288.jpg

しかし時既に遅し、正面に見える夕陽が否応なしに釣りの終了を告げていた。
f0153018_13263843.jpg

 最終ポイントでは同じ氷点の街、北彩都から来られている方と時を過ごした。ヘラブナ釣りは隠居されたようでしたが、それ以外の釣りジャンルに精通されておりここ十勝も通い始めて3年目のO氏。H爺より釣っていましたから(笑)
[PR]

by kitasaitoasahikaw | 2008-11-30 13:27 | Fly fishing