2010年 01月 12日 ( 1 )

Silver March Brown

f0153018_2021436.jpg

その昔、同僚と一緒に行った道東河川でのこと
入釣してからの数時間、自分と同僚は一つのアタリもなく平瀬をトボトボと歩いていたのである
そして今日の釣りを半ば諦めかけていたとき、川底に大きな沈み石があるのを見つけた
よ~く見ると表層の流れが微妙に撚れている
この時何かを感じたんだよね・・・そう気配を
ようやくここに来て朝からエルクヘアーカディス一辺倒だった自分でもフライをかえなきゃならんでしょうということに
そこで結んだのが♯10のシルバーマーチブラウン
ウィングはあっちゃぁの方向に向いているし、ティンセルの隙間から下地がチラチラと
アイより大きいご自慢の黒ごまヘッド・・・ブハッ
こんなはんかくさいフライでも沈み石の横を通したときに奴が浮いてきたんだ
そして躊躇することもなく奴はシルバーマーチブラウンを「パクッ」って銜えて行った
この時初めてウエットで釣ったレインボー
当時決して大きいサイズではなかったけれど、嬉しかったな~
もう今から10年以上も前のこと
そんな思い出深いシルバーマーチブランをもう一度と言うことで
某Bookには「タイイングしやすいので、ウエットの入門には最適」と記されていた?
ヘンフェザントクイルは、「小さくて」、「薄くて」、「尖っている」し
ティンセルでフラットなボデイを仕上げるのは難しいぞ~っ
って思うのはタイイングが下手くそだから・・・(汗)
改めてこのフライの素晴らしさを再認識
そしてタイイングが難しいと感じたフライでしたね
ついでにマーチブラウン・イングリッシュやハーディーズ・フェバリットⅠも同席して頂いた
[PR]

by kitasaitoasahikaw | 2010-01-12 20:12 | Fly fishing