カテゴリ:Motorbike( 77 )

ツーリングvol03・・・日高富川

今回メンバーが企画した日高富川の手打ち蕎麦ツー
朝からどんよりとした曇り空の中、地場産センターに集合
見送り組のメンバーがハンドリングするホンダ・ファイヤーバードRC211V
こちらは「モビスター&大治郎レプリカメット」をフォーカス!
国内車をレプリカモデルにオーダーですから
もちろんECUチューン済み
こちらのオーナー結構お金を掛けています(笑)
f0153018_2016567.jpg

久しぶりに会うメンバーと会話が弾む中、ツーを企画したメンバーのTシャツ
すっ凄い・・・気合いが入っています!
f0153018_19424812.jpg

途中合流、離脱も含め参加総数26台
班編制は、1班6名から7名で4班編成
でっ、自分は2班の先頭!
交差点の通過時やタイミングの良い追い越しも含め、絶えず後続車を気にしなければならないので疲れます(苦笑)
直線路で26台がチドリで隊列を組んで走行すると壮観ですね!
先頭から最後尾まで国道を約150m位占有
そんなんで車はごぼう抜きができないのです(笑)
お昼頃に目的地の「いずみ食堂」に到着
流石にバイク26台を国道脇に止める訳にもいかず、近くの空き地へ
f0153018_2013821.jpg

予め予約していたので、メンバー全員が入れました
その後、お店の中と外は行列が出来ていて、人気の度合いが伺えますね
f0153018_19441950.jpg

早速メンバーがそれぞれにオーダー
そして自分は「鴨せいろ蕎麦」
ざるそばに鴨肉の入った暖かい付けダレで頂くお蕎麦です
お客さんの回転が早いのか、オーダーから約10分くらいで注文の品が
流石に手打ち蕎麦と言うことだけあって、麺は短く太さがうどんのようでした(笑)
コシがあって暖かい鴨肉の入ったダシと麺が絡み、美味しかったですよ
f0153018_19453010.jpg

帰路はBMW-K1200オーナーが日高の高速インターで離脱
シャフトドライブの片サス、アクラボのスリップオンマフラーで超豪華車!
f0153018_19523342.jpg

そして本日のテルミニョーニのマフラーを装着した気になる1台
DUCATI-MONSTER/S4
ドカはあまり詳しくないんですが、このタイプは湿式クラッチでベベルギアじゃないようです
カムチェーンが見えるので?
f0153018_2011576.jpg

途中給油、休憩を挟み美瑛の解散場所についたのは夕暮れ迫る5時半
最後にメンバーで恒例の記念写真
f0153018_2055238.jpg

夕陽を見ながらメンバーがそれぞれ帰路へ
トップガンのワンシーンのように

往復350Km、さずがにお尻が悲鳴をあげましたわ
[PR]

by kitasaitoasahikaw | 2008-09-01 20:54 | Motorbike

WAKOS=4CT

今季レプソルのトリップメーターは167kmを指したまま
納車1年目は6,000km弱を走破したのだが、昨年は腰痛を悪化させて車検をスルー
今年はメンバーと思う存分ツーリングに出掛ける・・・つもりでした
ところが雪解けと共に、行き先は渓流に変更していた(笑)
ちょと、フライに傾倒しすぎていたみたいです(汗)
f0153018_1971354.jpg

走行距離はぜーんぜん伸びていないのですが、オイルは時間と共に酸化していくので、今日は嫁様に承認を戴いたうえでエレメントも含めオイル交換を実施
f0153018_1993321.jpg

なぜ承認が必要かと言いますと、交換するオイルはワコーズの4CT/5W-40
なんと工賃含め、リッター2,200円でございます!
今回3.1リッター+エレメントで合計8,526円・・・ヒエッー(滝汗)
これで、またバイスの更新が遠のきましたわ!
f0153018_1911112.jpg

明日はメンバーが集まりツーリング
エンジンに頑張って貰うため奮発した次第でございます
それにしてもハイオクが177.8円・・・高っ!
[PR]

by kitasaitoasahikaw | 2008-08-30 19:20 | Motorbike

ツーリングvol.02・・・オロロンライン海鮮丼ツー

今季初参加、1年振りともなるマスツーリング
目指す先は羽幌町のオロロン食堂で海鮮丼を食す!
久しぶりに会うメンバー、初めてお会いするメンバーと挨拶を交わす
早速ミーティングで走行ルートと班編制の確認
今日の参加台数は20台
5名1班で4班編制
各班の先頭と最後尾はベテラン
f0153018_6445511.jpg

集合場所を9時に出発して道道72を通ってR275へ
途中「幌加内道の駅」にて休憩
20台ともなるとさながら展示会場の様相
f0153018_65725.jpg

ホンダNSと後方のヤマハTZR
往年の名車2台が並ぶと懐かしいですね
特にTZR250ccには苦い経験があります
数年前のフリー走行、タイトコーナーが連続する峠でどうしても抜けなかったんです(笑)
TZRのハンドルを握るライダーも筋金入りでして、レプソルのパワーで何とか後方に食らいついて行くのがやっとでした
今ではそのライダーも転勤されて本州に
悔しかったな~!
f0153018_761365.jpg

羽幌町を目前に、苫前町古丹別からベアーロードへ寄り道
過去「熊嵐」と言うタイトルで映画化された三毛別ヒグマ事件の場所
日中でも太陽の日差しを遮るようなうっそうとした樹木
僅かな日差しの中にポツンとその建物がありました
藁葺きの建物の横に、あり得ない大きさの山親爺のイミテーション・・・大きすぎる!
見学をかねて此処でしばしの休憩を挟み、いよいよ苫前町を経由して羽幌町へ
オロロン食堂へ着いたのは昼を少し過ぎた頃
幹事さんの手配で、ミーティング時にメンバーの注文メニューを取り纏めて食堂へ連絡しておいたので、待たされることもなく食事をすることが出来ました
何せ一度に20名分を注文しても、お店側も困惑するでしょうね(笑)
f0153018_18173564.jpg

海鮮丼他、ウニいくら丼、ウニ丼がメンバーの胃袋へ満たされていきます
食後は近くの公園駐車場へ移動
給油に行くメンバー、エビタコピザを頬張るメンバー、ソフトを食べているメンバー等々思い思いの時間を過ごしました
f0153018_1842781.jpg

ここでは30分間程度休憩し、都合上ここで本体と別れる4名で班編制
霧立峠を下りて朱鞠内経由で士別市へ
そこでR40を南下して比布の無料高速道まで一緒に走行です
この中に女性メンバーが居るのですが、なんと網走から来ている強者です!
敬服しますね
自宅には16時頃、無事に到着・・・生きてご帰還しましたよ(汗)
そして転げるようにソファーへ
爆睡しようと思っていたのですが、このあと嫁様の職場の同僚宅にお邪魔してBQです
f0153018_1965694.jpg

挨拶もそこそこに、ホタテ、ツブ、焼き鳥等を焼いて頂き、出されるままに食べていました
殆ど座っていただけ・・・反省!
また偶然にも他の同僚のご主人が昨年よりフライを始めたとかで、これまたビール片手に2名で親密な関係に・・・勝手に想像してね?
なんだかんだで、酔いが回りダウン寸前
こうして夜の部は終演を迎え、長~い1日が終わりました

翌日、尻は痛いわ、肩が凝るわで身体が悲鳴を上げていました(笑)
[PR]

by kitasaitoasahikaw | 2008-06-30 07:29 | Motorbike

ツーリングvol01・・・プチ

先週末、車検を通ったレプソルで上川方面へプチツーに出掛けてきました。
f0153018_6391550.jpg

久しぶりに乗るのだからと妻の心配をよそに、比布のインターから上川の天幕まで無料高速を使いぶっ飛んできました。その日午後の気温は20度以上、走行中の体感温度はそれほどの暑さも感じず快適そのもの。時折シールドやカウルに当たる虫が残骸となってへばりついてしまう。(笑)
f0153018_6395113.jpg

折り返し中継点の「北の森ガーデン」に寄りしばしの休憩を取っていたら見ず知らずの方に声をかけられた。
f0153018_6491464.jpg

年上の親爺様:このバイク250ccのバイクですか?
H爺      :・・・・・・?????いいえ、1000ccです
年上の親爺様:えっ、車体が小さいねっ!
H爺      :・・・・・・?????どうせ体も小さいです!
その親爺様は近々仲間とツーリングに出掛けるとかで、いろいろバイクの話を沢山してくれました。気が付いたら30分近くもそこに居ましたよ。H爺は殆ど聞き役でしたね。(笑)
f0153018_71126.jpg

15時を廻ったところで体に当たる風も次第に冷たく感じましたが、帰り道も瞬く間に直線番長と化したH爺でございます。(汗)
[PR]

by kitasaitoasahikaw | 2008-05-22 07:07 | Motorbike

日本海オロロンライン

昨年は諸事情によりレプソルの車検をスルーした。
今季はもう一度あの国道を走りたくなってね。
f0153018_19391017.jpg

●音威子府から左手に知駒岳(シリコマ)、正面に松音知岳(ピンネシリ)を見ながら中頓別を通過。
●浜頓別に出てオホーツク海を一気に北上、一路最北の宗谷岬を目指す。
●稚内を通り抜海へ抜けて、右手に利尻富士を見ながらの南下。

走行中にすれ違うライダー達はピースサインを出して、互いの無事を願いそれぞれが目的地へ向かって走り去って行く。排気音を轟かせながらね。歳はとってもこの爽快感はたまりませんわ。

上記写真の「隼」ファルコは輸出市販ベースで300km/hマシーン。
一時期スピードメータは350km/hまで刻まれていたとか。
ちなみに写真の中古車は110万円なり!
恐るべしファルコ!

PS:写真表記に「大トルク・・・」となっていますが、「最大トルク」の誤りです。(大汗)
[PR]

by kitasaitoasahikaw | 2008-04-02 19:56 | Motorbike

バッテリー充電

レプソルのバッテリーを取り外して2ヶ月以上が経過。
完全に放電してしまうと使用不能となるのを回避する為、そろそろ充電しないといけない。
バッテリーは密閉型で、内部の電解液容量が確認できない黒の容器。
余談であるが、通常のバッテリーは電解溶液(希硫酸)の補充用キャップがあり、比重を測定できる。この比重1.280の測定で、ある程度のバッテリー寿命が判断することができる。
正確に言うと、温度変化で比重が変化することから、20℃換算比重を用いて各セルの比重を確認するのだが、棒温度計も必要になるから実用的ではないですネ。
f0153018_13105637.jpg

レプソルのバッテリーは起電力2.1(V)×6セル=12.6(V)
充電前の電位差はテスターで12.7(V)、特に問題はないと判断できる。次の充電時期は3月頃に予定。
[PR]

by kitasaitoasahikaw | 2007-12-22 13:12 | Motorbike

メンテナンス

週末、愛車レプソルのメンテナンスを行った
今シーズン初期、腰痛を悪化させたために車検時期を延期していたが、とうとう乗らずじまいでシーズンオフを迎えてしまった
つまり車検切れである
走行はしていないものの、時間を見ては空拭き程度はしていたのでレプソルは綺麗そのものだ
f0153018_10204294.jpg

本格的な冬を前に一通り愛車に目を通し、チェーンの洗浄と給脂、バッテリー充電等々、最後に10分間程度のアイドリングを行い、インジェクション、シリンダーへのハイオク循環、各部セクションのオイル循環を行って塗幕を貼り、防錆処理を施して来シーズンに向けメンテを終えた。
f0153018_10214518.jpg

久しぶりにグリースで汚れた手、車庫に残ったレプソルの排気を嗅いで、来シーズンは心地よい潮風を浴びながら、日本海オロロンラインを北上しよう。
[PR]

by kitasaitoasahikaw | 2007-10-14 10:36 | Motorbike