今日この日

過去「天皇誕生」から「みどりの日」となり一昨年より「昭和の日」となった今日この日、祝日の名称は変わっても夫婦にとっては記念すべき日でありました。今日は奥様のご希望通りに雑誌「じゃらん」で紹介されたエビ・タコ餃子を食するべく、一路羽幌道の駅へ行ってきました。
それも11時をすぎてから・・・大汗!!
f0153018_20501044.jpg

目的の一品:スープ餃子定食
イクラとシャケ、そしてだし巻が入った海鮮丼
エビ・タコが入ったスープ餃子
このスープがとてもコクのあるダシが出ていて美味しかった。
f0153018_2057116.jpg

追加の品:揚げ餃子
こちらはエビ・タコ餃子を揚げた物でポン酢の付けダレで頂きました。
揚げたての餃子は、外がサクサクで中はタコの食間がたまりません!
f0153018_2145066.jpg

もうこんな時期なんですね。
[PR]

by kitasaitoasahikaw | 2008-04-29 21:16 | 日常

スペイキャスティングvol.05

桜が満開となった旭川、今回杉坂隆久キャスターによるスペイキャスティング講習会にギャラリーとしてお邪魔しました。午前中はシングルハンドによるオーバーヘッドキャスティング。午後からは左岸に移動してスペイキャスティングのレクチャーでした。受講生を前に最初は基本的なキャスティングについての説明から始まり、後に各自ロッドを持ってキャスト開始。
f0153018_1942457.jpg

キャスティング理論は自分の頭で理解しているものの、プロキャスターから説明して頂くとやはり説得力がありますね。
今回受講生ではないので遠巻きに耳をダンボにして聞いていました。(笑)
●リフト終了後からスイープの移行は鋭角にならないようスムーズに行う。
●スイープはグリップハンドの引き付けと上半身を捻り行う。
●リフトからスイープまで体重を後方へ移動しつつボトムハンドを身体から離さない。
●ロンチポジションはしっかりと腕を上げてアンカーを定位置に着水。
●前方へ体重を移動させながら、捻った上半身を戻しシュート!
●スタンスは右足が前のクローズドスタンス。(スコティッシュスペイ)
f0153018_19295237.jpg

上記写真より、リフト後のボトムハンドはロンチポジションに至るまで「おヘソ」辺りで固定しています。
f0153018_19372541.jpg

この時後方へ体重の移動が終了し、ボトムハンドが身体から離れているのが見て解りますね。
まとめとして、上記一連のキャスティングについて説明不十分な記述もありましたが、是非一度レクチャーを受けることも大事と考えています。きっと問題解決の糸口が見つかると思います。
f0153018_19562023.jpg

ロッドを持たない杉坂さん、とーってもお話が好きなおじさんです。
そんな杉坂さん、道東湖での再開を約束し一路道央へと向かわれました。
[PR]

by kitasaitoasahikaw | 2008-04-27 20:11 | Fly fishing

スペイキャスティングvol.04

曇り空の中、気温が上がった午後からいつもの場所へ左岸からのキャスティング練習
立ち位置より左側からの微風、ラインループの形成に支障なし
毎回ノーウェーデングなので、リフトを多少低めに停止させてスィープに移行
アンカーポイントが定位置に定まらない
そんなときは一旦休憩を挟み、思考整理
f0153018_18263926.jpg

ディップを意識してラインベリーが皿の底を描くようにスィープ
オーバーアクションぎみのロンチポジション
グリップハンドとボトムハンドの力配分を50:50
シュート!
・・・・・フルライン出ません!?
課題が明確なので、あとは練習次第かな
[PR]

by kitasaitoasahikaw | 2008-04-26 18:45 | Fly fishing

インレット

すっかり日が昇りきった午前8時30分、待ち合わせの場所にはすでにカチョウさん。さらに別の町で鮭児さんと落ち合い、向かった先はインレット。今回カチョウさんのサポートにより、この時期でないとポイントに立ちこめないと言う場所に案内して頂いた。
f0153018_2024820.jpg

その場所は、とあるDVDジャケットをも彷彿とするような素晴らしい景色が目の前に広がっていた。フライマンとしてこのようなロケーションでスペイキャスティングが出来るなんて幸せですね。
f0153018_204490.jpg

インレットには先に餌釣師と一人のフライマン。早々先行者に挨拶を済ませて下流側に入らせて頂き、各自思い思いのフライをティペットの先に結びキャストを繰り返す。期待に胸膨らませてみたものの、コンスタントに釣れているのは餌釣師のみ。
f0153018_2054421.jpg

何故・・・
餌だから?
シンカーを付けているから?
フィーディングレーンが違うから?
疑問符ばかりで、結局ノーバイト。
f0153018_2083017.jpg

今日のタックルシステムは、B&W15ft/♯10にミッドスペイ♯9/10F+シンキングリーダー。徐々にラインベリーを伸ばしていきロッドに伝わってくるライン負荷を感じ取っていく。僅かに軽く感じる程度だ。ライン選択は必ずしもベストとは言い難いがワンランク番手を上げるには少々不安があるので、結果これで良しとした。キャストフィールはと言うと、個人的にCND・サルモサラーをイメージしていたんですけれど、バットが曲がらないようなティップアクションと違って全体的に張りのあるファーストアクションと言ったところでしょうかね。ロッドはとても軽くて振り抜けが良い印象を受けました。
[PR]

by kitasaitoasahikaw | 2008-04-20 20:44 | Fly fishing

雪代

朝日が昇り始めた頃、一路道道を目的地へと車を走らせた。ポイントに着くやいなや早速周辺を見回すが、どうやら自分以外の釣り人は見あたらない。ただ今日はこのポイントで知人と待ち合わせ。約束の時間より早く着いてしまい、待ち時間までの間そそくさと身支度を済ませて川原を行ったり来たりでうろうろしていた。気が付けば知人の到着を待てずてにロッドを振っている自分。(汗)
f0153018_20333415.jpg

ふと河川敷に目を向けると、知人の車が着いたようだ。今回こちらからアポを取り、ご一緒に同行して頂いたクレージーさん。ブログで知り合い、始めてお会いする。(緊張)
お互いに挨拶を済ませた後、最近の釣果、スペイキャスティング、フライ等のことで話題が尽きない。実釣はクレージーさんのご厚意で先行させて頂いたが、このところの暖気でこの河川も雪代の影響が出始めている。朝までは釣りに支障なかったのだが、昼頃になると濁りが酷くなり結局二人とも鱒と巡り会うことが出来なかったのである。
f0153018_20351428.jpg

昼食を挟み下流側へ移動してみたものの釣りが出来る状況でなかった為、午後の空き時間を利用して二人でキャス連を開始。ところが折からの横風を受けてまともなループが形成できない。(撃沈)
今回クレージーさんが使用していたTFO♯8/9のダブルハンドにチャレンジしたが、ティップよりバッド部が曲がるベンディングカーブを描く。ロッドの復元にあわせて振らないと腰砕け状態になって典型的なワイドループを描く。(大汗)
この点クレージーさんは上手に扱われており脱帽です。
f0153018_20391312.jpg

2時間程度のキャス連も終わり、色々と話題も尽きなかったのですが、次回共に合う約束を交わしてクレージーさんとこの場を後に。
[PR]

by kitasaitoasahikaw | 2008-04-19 21:04 | Fly fishing

B&W・ PD1510

ロッドチューブがコーデュラだと思っていましたが、紺碧のブランクカラーと同色のアルミ。
f0153018_20393871.jpg

B&Wのなかでも実釣主体に扱いやすさを考えてPD1510を選択、トップガイドをSicに変更。
手元にB&W・PDを置き、スピゴットのフェルールにワックスを少量塗布。
f0153018_20492093.jpg

15ftの長さゆえ、手にロッドを持った重量感はそれほど感じない。肝心のライン選択はこれからなので、当然キャストフィールも不明。
f0153018_20593770.jpg

何れにしても自分のメインロッドになることを期待している。
そうであって欲しい・・・・
[PR]

by kitasaitoasahikaw | 2008-04-18 21:14 | Fly fishing

ウェットフライvol.01

今季は雪代が早めに収まりそうで、各地の河川は秒読み段階に突入かな?
昨年の記憶を辿り、本格的なシーズン到来に向けウェットを1本タイイング。
名もないフライですが、急にタイイングしたくなりマテリアルをあれこれと引っ張り出して完成!
どういう訳か何時もヒゲナガを意識してタイイングしているようです。(笑)
あっ、そうそう今回スロートに「HEN BACK」を取り付けましたが、良い縞模様です。
f0153018_18323461.jpg

PS:貼付写真、後ピンでウィングがぼけてしまいましたわ。(汗)
[PR]

by kitasaitoasahikaw | 2008-04-16 18:38 | Fly fishing

スペイキャスティングvol.03

今日も朝から寒くて生憎の曇り空。午前中に2台の車の夏タイヤ交換他、所用を済ませて午後からCNDを持って練習に向かった。
f0153018_17332833.jpg

上流からの微風追い風で左岸からのジャンプロールキャストを徹底的に繰り返す。特にアンカーポイントが定位置に来るよう心掛けましたが、結局今日は何一つ納得できる結果を得ることができずに帰宅。
f0153018_17322294.jpg

いつものことですが、一連のキャストモーションはゆっくり行うと言うことを再認識しました。
また、基礎からやり直しですね。
[PR]

by kitasaitoasahikaw | 2008-04-13 17:51 | Fly fishing

Gランプ

一昨年の道東遠征時は車中泊を数回行いましたが、夜になって手元の明かりは車のループランプもしくは乾電池式のランプに頼っていました。そんな暗がりの車中でおつまみを口に頬張り、ホップの苦さを堪能一人宴会の始まりです。ところが乾電池式ランプは1時間も持たず、宴もたけなわどころかあっという間の強制終演。(笑)
f0153018_14422443.jpg

今回中古Gランプをオークションで購入。照度は乾電池式ランプと比較し少々暗いですが、充填ガスは家庭用カセットコンロのブタンガスなのでスーパーやコンビニで手に入れやすいですしね。燃焼時間は概ね1.5時間ですから就寝までの宴会時間には十分です。それと燃焼ガスにより幾分暖気が取れそうなので期待しています。
[PR]

by kitasaitoasahikaw | 2008-04-12 15:02

チューブフライvol.02

先日CANALの皆川さんがショップに立ち寄られたとき、いくつかのサンプルフライを見せて頂きました。どのフライもカラフルで見事な色使いのグラディーション。そして全体のプロポーションがスッキリと纏められています。・・・・流石です。
f0153018_20523456.jpg

f0153018_20533065.jpg

沢山のマテリアルの中からマテリアルを目利きして購入したのがアイスランディックシープ、カシミアゴート、アムハーストサイドテール、そして最後にインディアンケープのヘンバックです。この縞模様が良い味出してますよね。すかさずウェットのスロート採用に決定です!
f0153018_2181646.jpg

[PR]

by kitasaitoasahikaw | 2008-04-08 21:19 | Fly fishing