過ぎ去りし日々・・・想い出

一昨年の10月
道東のアメマス釣行で釣れたときの感動を残していこうとブログを開設して早一年。一杯の珈琲を片手に過去ログを振り返り、「こんな事があったっけ」、「あの時は釣ったな~」なんて思い越し懐かしく思う今日。日々を重ねていくたびに当ブログへ来訪される方が増え、駄文を読まれそしてコメントを寄せて頂いたみなさんには感謝の念でいっぱいです。ブログを通じて沢山の方達と巡り会えることが出来き、自分の釣りに対する価値観がさらに広がりとても新鮮でした。また、掲載した数々の写真について多数の方よりお褒めの言葉を頂き、大変嬉しく思っています。この一年間ブログを継続することが出来たことは、足跡を残していった方々のお陰げ、本当にありがとうございます。
f0153018_6492238.jpg

さて、今月最後のエントリーはリールのお話
とうとう念願のリールを手中にすることが出来きました
そう、ハーディー「パーフェクト 3 3/8」
レアと言われる年代のリールじゃないけれど、パーフェクトの存在を知ってから何時かはオーナーになりたいとずっと思っていた
確かその頃の価格も大変高価で、なかなか手が出せなかった記憶がある
今回ハーディよりパーフェクトが発売される事を知り価格の動向を伺っていたが、つい最近公表された価格をみて仰天
欲しかった頃の倍の価格
こりゃ、また遠のいてしまったわ(悲)
そんなんで、瑪瑙リングじゃないけれどシンプルなクリックドラグと風合いが忘れられず、一念発起購入した次第・・・はて、支払いどうすっかな!?(滝汗)

明日は月も変わり、当ブログは二年目の更新に入ります
誤字脱字は当たり前の当ブログですが、相も変わらずお立ち寄り下さいませ
[PR]

by kitasaitoasahikaw | 2008-10-31 07:01 | 日常

タックルシステム

前回の釣行でどうやら雨鱒がジキルからハイドに変貌し始めているようだ(笑)
今季は昨年と比較しサイズが格段に大きく、粒ぞろいのファイター達を相手に自分の腕とロッドが悲鳴を上げていた
棚の肥やしになりつつあったキャス練用♯8ロッドを取り出し、未だ日の目を見ていないボッセラーD3のリールにリオ・グランドの♯8ラインを巻き雨鱒にチャレンジ
f0153018_19414952.jpg

完璧にオーバータックル
最近♯6ロッドでは、ご老体故に何時までもロッドを天高く維持できないものでして(汗)
本来の目的は、このタックルシステムに命を吹き込むこと・・・ただそれだけ
ゲーム性はスポイルされるが、ヒットからランディングまでの時間短縮を狙ってのシステム・・・年寄りに優しいシステムとなるかな?
[PR]

by kitasaitoasahikaw | 2008-10-29 19:45 | Fly fishing

East River'08・・・出会い

2008年10月最後の週末
前々日から天気予報を注視
どうやら当日の予報は雨から曇りと変わり胸をなで下ろす
f0153018_9305558.jpg

は数年来の恩人と師匠を伴って来てくれた
この時期にはあり得ないような暖かさに戸惑いながらも、用意してきたライトウェーダーに履き替える
昨晩の雨で河川に弱感の濁りがあるものの、特に支障はないと判断
ターゲットがレインボーだったら間違いなく「頂き~」の水況
なんて友と語ったりしていた
各自思い思いのフライをチョイス
支度を終え、さあ行こうか!
f0153018_9315975.jpg

恩師のアドバイスを頂き手前よりフライを打ち込む
ビンゴ!
f0153018_9325190.jpg

みながコンスタントに釣果を伸ばしていく
その後、数カ所を車で移動し最終ポイントへ
10時頃から吹いていた強風も昼を過ぎた頃からパッタリと止んだ
f0153018_9334244.jpg

サプライズは突然に訪れる
いわゆる食いが立つ状態に突入
流れの中にプレゼンしたフライをことごとく銜えてくれる
この日にみなが巡り会えて本当にラッキーだった!
f0153018_93848100.jpg

心奪われる道東アメマス釣行
またなっ!
[PR]

by kitasaitoasahikaw | 2008-10-26 09:44 | Fly fishing

FishingGear・・・リニューアル

普段の釣行時におけるフィッシングギアについて
いつもシーズンの始まと終わりは決まってハーディーのオイルジャケットを着ていた
もちろんショート丈の物をね
今となっては、もう廃盤となってしまったが
ところが初夏ともなると流石に暑くて着られる物じゃなかった
イギリスの気候風土が作り上げたフィッシングギア故に致し方ない事でしょうね
それで生地の薄いジャケットの購入を検討していたところ、運良くパズで廃盤となったジャケットを入手することが出来た
コンディションもGood!!
f0153018_218787.jpg

生地はオイル独特のべたつき感、臭いもなく肌触りが良いじゃないか
他にネオプレーンのウェーダーも2年前に一度補修したが、かれこれ10年以上経過して素材自体が紫外線で大分劣化していたようだ
今季も補修しながら使用していたのだが、もう限界
ジャケット同様に新調し装いもリニューアルした次第
晩秋の出で立ちはこれで決まりだね
それで着こなすH爺がイケメンだったらね・・・ブッ~
チェッ!
[PR]

by kitasaitoasahikaw | 2008-10-24 21:11 | Fly fishing

Wet Fly・・・厳しい道のり

特に目的があったわけでもないのに
突如ウェットをタイイング
突如故に仕上がりがね・・・グスッ
ウェイングの取り付けがようやく安定してきたものの
リブのフラット&オーバルの取り回しが少々雑に
ヘッド周りの仕上げもイマイチ
ふっ~
でも、綺麗に仕上げられるまでの目標があるから
タイイングって面白い・・・と思いましょう(笑)
f0153018_18582732.jpg

長女の相棒はと言うと
我が家に慣れたようでダラダラ
一応これで女の子なんですがね?
f0153018_18593751.jpg

そのうち、ファーを頂こう・・・ムフッ!
[PR]

by kitasaitoasahikaw | 2008-10-22 19:04 | Fly fishing

想い出

大雪山連峰の旭岳
鮮やかな彩りを見せていた紅葉もすっかり色あせてしまい、ちょっぴり寂しい気分
妻が長女に是非見せたいと言っていた神秘の青池
生憎の曇り空のためか、いつもはエメラルドグリーンに輝く水面もどことなく今日はくすんでいた
f0153018_1794675.jpg

暑い雲間から時折差し込む光
都会ではビルの谷間に埋もれ普段見ることのできない景観
忘れるな、ここは北の大地「北海道」
そう道産子であることを誇りに
f0153018_17103937.jpg

正午前には目的地の富良野に
外は長袖のシャッ1枚で十分
昼食は「レストラン・ノルドウ」にて、オーダーは三者三様
f0153018_17121462.jpg

自分は「オムカレー」
そして濃厚な富良野ミルクと控えめな杏仁豆腐
いただきま~す!
f0153018_17123055.jpg

さて、長女は「ニングルの森」でカラマツの香りがすると言うろうそくのお土産を購入
ろうそくの中には2匹の小さなウサギ
火を灯すのがもったいなさそうである
f0153018_17145273.jpg

各店を見て回った後、チップで敷き詰められた散策道を降り「森の時計」へ
店内は大人の雰囲気を醸し出す空間
f0153018_1715947.jpg

しばし語らいの後、「チーズ工房」に立ち寄り帰路に
[PR]

by kitasaitoasahikaw | 2008-10-20 17:32 | 日常

再会

昨日氷点下となった北彩都
友の婚礼に出席するという長女が生まれ故郷に帰省した
流石に「寒い」を連呼
そりゃそうだろう、ここは北の大地北海道さっ
f0153018_1258919.jpg

ただ昨年の帰省時に居なかった相棒がね
誰って?
f0153018_12591743.jpg

彼氏じゃなかったわ!
ほ~れっ「にゃんこ」様一匹がご帯同されていました(汗)
この子も飛行機に乗せられ遙々来てくれた
良く来たなって話かけたら「にゃ~」だってさ
f0153018_1312753.jpg

我が家は4匹の犬所帯
「にゃんこ」様にとってこの環境は慣れるまで大変だろうね
f0153018_13592831.jpg

秋風すさぶ季節
長女が職場に戻るまでのひととき
我が家に笑いが戻ってきたような
[PR]

by kitasaitoasahikaw | 2008-10-18 13:06 | 日常

North River’08・・・完敗

今回、が「北の幻」に会いに行くとの話に便乗させてもらった
再びこの地を訪れるのは数十年ぶりとなるのかな?
懐かしくそして厳しい自然環境が脳裏を過ぎる
そんな自分を「北の幻」は答えてくれるんだろうか
北風が自分達の釣りを拒むかのように吹きすさんでいる
f0153018_20504975.jpg

この時点で自分のヒットは限りなくゼロに近い
いつもの事と言う思いとどうにかなるさと思う優柔不断な性格
この日唯一友のウォディントンのフライに痕跡を残していっただろう「北の幻」
朝方まで何とかキャストに支障は無かったのだけれど、時間の経過と共に突風に近い状況に
遙か遠くに見えるオホーツクの海は白波が立っている
f0153018_20513247.jpg

もうダメでしょう
申し訳ないが友に一言「帰ろうよ」って
自分の心が折れてしまった
ただ、突風が吹いていると言うのに何故かこの川を目の前に二人とも癒されている
しばし休憩を挟み、それぞれが帰路に着いた
[PR]

by kitasaitoasahikaw | 2008-10-14 20:58 | Fly fishing

East River'08・・・アシスト

週末の3連休、道内各地の天候が不安定となりつつあるなか
釣果の好機を逃すまいとまたしても道東へ
今日は遙々この地を訪れる西洋毛鉤さんを向かえての釣行
道東アメマスの引きを十分に堪能して頂こうと自分はアシスト
でも最初だけ(汗)
2週間前にこの地を訪れた時はロケーションの木々が青々としていたのだが、周囲の風景は紅葉が進んで抜けるような青空とマッチ
コントラストが実に美しい
f0153018_2210519.jpg

早速ポイントでは西洋毛鉤さんがダウン&クロス、自分はオールランド釣法で実績を上げていく
どうやら日を追うごとに反応が上向いているように思える
f0153018_22113442.jpg

そんな中、早くも西洋毛鉤さんがアメマスの気難しさに気づき独り言が(笑)
その独り言が着実にアメマスのヒットにつなげていくんですよ!
入釣前にある程度の事前情報を提供しただけですが、その情報を確実に成果に結びつけるところは流石でしたね
f0153018_2214363.jpg

帰り際、最後に訪れたポイントでは偶然にも隊長さんつりすきーさん
そして同席されていたウーリーさんとご友人の四名
ご友人のお名前は確かアメ・・・?
スミマセン覚え切れませんでした(爆)
f0153018_22202949.jpg

挨拶もそこそこに、隊長さんより反応の良いポイントを快く譲って頂き感謝しきりです
ありがとうございました
そして、今後ともよろしくお願いします
f0153018_22155127.jpg

さて、気が付けば早朝から釣りを開始して優に八時間
一旦街に戻り、定番のラーメンで遅い昼食
初めて訪れた道東河川と言う西洋毛鉤さん
お気に入り河川の一本に加えられたようで一安心・・・ホッ
でも途中から放置プレーが始まり、普通の釣り人と化してしまった自分(爆)
まっ楽しみは共有しなきゃね
誠に身勝手な解釈ですわ(汗)
[PR]

by kitasaitoasahikaw | 2008-10-12 22:23 | Fly fishing

Double Hook・・・ボトムを狙え!

ダブルフックにタイイングしたウェットフライ
水生昆虫を直ぐイメージしてしまうためか、どうしてもカラーはダーク系に偏ってしまう
たぶん個人的に好きなカラーチャートだったり
すでに来期のレインボーをターゲットにしたタイイング
マテリアルのウィングは、クレージーさんから頂いたレオンのクイル
質感はファイバー同士の結束が弱く、どちらかというとブラウンマラードのフランクフェザーに近い
しかしこのクイルの持つ斑模様は、幾何学的でしか作り出せない人工マテリアルでは無理だろうね
f0153018_20222811.jpg

余談ながら今日は生を受け数十回目の誕生日
良くもまあ五体満足で迎えることが出来ましたよ
そして親元を離れ、遠くで一人仕事をしている長女より高価なプレゼント
親にプレゼントが出来るまで経済的に余裕が出来たというのか?
嬉しいやら心配やら、胸中複雑でございます
まっ嬉しいことには違いないのですから
素直に喜びましょうか!
[PR]

by kitasaitoasahikaw | 2008-10-07 20:41 | Fly fishing