Last・Run

f0153018_6535799.jpg

スティールヘッドとの出会いを求め早春のラストラン
濁りが取れている僅かな間隙を突いて釣行
希望をつなぎ止めるかのようにポイントへ降り立つ
朝から突き刺すような日差しを全身受け、スカジットラインを駆使してボトムを徹底的に探るのだが・・・
数カ所のポイントを廻るものの、結局プレゼンしたフライは何事もなかったかのように川の流れに漂い回収
フライもボトムを集中的に狙った為、ロストも数知れず
f0153018_656616.jpg

その後、幾分水量が落ちたと思える別河川へ
ここではラインシステムをスカンジナビアンSTに変更
ところが初めてのスカンジヘッド・タイプⅥのティップは想像していた以上に取り扱いに苦るしんだ
自分のキャストレベルの未熟さに落胆
f0153018_6574748.jpg

今日一日、結局スティールヘッドどころかレインボーすら出会うこともなく帰路に
今後、このラインをどうにか釣り扱えるようになりたい
キャストが出来ない自分が・・・悔しいよ~

PS:楽しいドライブになっちゃったね、カチョウさん(笑)
[PR]

by kitasaitoasahikaw | 2009-04-30 06:59 | Fly fishing

防水アイテム

先日、落水しても使用不能にならない防水機能付き携帯に変更
自分のライフワークでカメラ付き携帯は不必要でしたけれど
とにかく釣り場での使用が多いので防水に特化した機種を選定
以前の携帯と比較し、厚さ、重さが増えましたけれど・・・まっ、良いかっ
そして、デジカメもパナの防水タイプDMC-FT1に変更
この機種、自分が求める画素数、マクロ機能、SDカードの記録メディア、光学ズーム等クオリティー全てを満たしている・・・少々高価でしたけれどね(汗)
気になるのは描写品質
これだけは個人の好みと言ったところかな
今日はこの二つのアイテムを持って、濁りが落ち着いてきたと言われる河川に出掛けシューティングスペイの特訓
f0153018_6161684.jpg

でも、未だカメラの使い方を理解していない自分が不安です(爆)
[PR]

by kitasaitoasahikaw | 2009-04-29 06:15 | Fly fishing

スカンジナビアンST

リオのスカンジナビアンSTライン・♯10/11
シンクレートがフローティング、インター、タイプⅥのティップで構成されたもの
全長13.4m、730グレイン(47.2gm)
週末は実釣を兼ねてキャス連かな~?
とにかく手持ちロッドとの相性を調べなければね
f0153018_6315585.jpg

[PR]

by kitasaitoasahikaw | 2009-04-24 06:32 | Fly fishing

本流での失策

f0153018_5585885.jpg

先週末、本流でよもやの大捕り物・・・勝手に思っていますが
雪代で増水した流れが容赦なく自分の背後を押し流そうとする
足下には30㎝から50㎝くらいの玉石がゴロゴロ
ヒットした瞬間、その場を動けずドラグを絞り込み相手の走りを止める他手段がなかった
結局、その相手とはラインブレイクでさよなら!
気持ちを切り替え次のキャストに移ったとき
リールからラインが引き出せない
ドラグノブを最大に緩めてもラインが食い込むほど力任せに引き出すのがやっと・・・
逆転するもののドラグからきしむような悲鳴が・・・ダメかな~
どうやら逝ってしまったよう
緊張の糸が切れた瞬間
こういう事もあるさっ・・・って未練タラタラ
とりあえず廃棄覚悟でジルコンのドラグアッセンブリを分解
見たところ各部品に曲がりや破損は確認されなかったのですが
一応脱脂剤を吹きかけて劣化した油脂類を洗い流し、新品オイルを給脂
どうやらベアリングにオイルが行き渡っていなかったようでした(汗)
慎重にドラグを組み付け、復活!
ホッ・・・
[PR]

by kitasaitoasahikaw | 2009-04-22 06:00 | Fly fishing

Plan・Do・Check・Actinon

今朝の目覚めは朝の4時30分・・・早っ!
それもそのはず、昨日の夕食後19時頃から仮眠のつもりが今朝まで爆睡(汗)
寝過ぎ・・・だから早起きなんですよね~
f0153018_17302110.jpg

早速嫁のタイヤ交換を済ませ、タックルを積み込みポイントへ
水量は多いものの、狙ったポイントへフライが十分に届く
実釣開始の三投目、リトリーブ中に引いていたラインが一瞬止まった
次の瞬間一気に下流へと走られる・・・まっ、まずい!
ポイントの足場が悪く奴の走りについて行けない
そこのレインボー止まれっ!
どうしようもなく、ラインブレーク覚悟でドラグを徐々に絞り込み最大まで
どうやら大石の縁に潜り込んだようだ
f0153018_1735231.jpg

【調子に乗ってファイト中の写真なんか撮るんじゃなかった~】

フックアウトしない程度にロッドを起こし、じんわりとプレッシャーを掛ける
奴が動き始めた!
奴の動きに合わせ浅場へ寄せにかかる
がっ、ラインティップが見え始めたところでフッっとテンションを失った・・・
あ~ぁ、緊張の糸がプッツンしちゃいました
f0153018_17344083.jpg

タイトルの釣行計画、実釣、確認までは良かったのですが、今日のプロセス改善は後日と言うことに(苦笑)
[PR]

by kitasaitoasahikaw | 2009-04-18 17:40 | Fly fishing

はじめの一歩vol.25

心してのDeeフライ
フィニッシュしたフライをマジマジと見つめて・・・う~?
f0153018_21214947.jpg

結果、不完全燃焼でございました(笑)
ウィングがフラットになっただけでも進歩・・・と自分に言い聞かせ
で~も、楽しいんですよ
目指すべき目標があることがね
f0153018_21223998.jpg

いつかきっとサイドワインダーも・・・できるかな?
[PR]

by kitasaitoasahikaw | 2009-04-14 21:25 | Fly fishing

HARDY&GREYS

ハーディー&グレイス展示会最終日
ダブルハンド エンジェンル2 14'♯9
f0153018_1910259.jpg

価格を見て・・・ハァ~
やっぱり、ため息しか出ませんでしたね
f0153018_19102964.jpg

所狭しと並べられたリール
そんな中、本日は八王子からキャナルのブルース・ウィルス・・・えっ?
スイマセン間違えました
皆川氏が来道してマテリアルの出展
タイイングのレクチャーを受けることが出来ました
レクチャーは混雑が予想され、朝一番にショップへ駆けつけ1番弟子を確保(笑)
早速、タイイングの疑問点について質問攻め
皆川氏はそんな自分の矢次囃子の質問に、いやな顔一つ見せず親切丁寧に答えて頂きとても勉強になりました
f0153018_19105810.jpg

また、日頃タイイングでお世話になっている西洋毛鉤さんとショップでお会いし、マテリアルの目利きを学んだり、自宅でタイイングの秘訣を教えて頂いたりと時間の経つのも忘れ談笑
f0153018_19132696.jpg

いゃ~、二人とも語り出したら止まらないわっ(爆)
でも、このときが一番幸せを感じる・・・フライを続けていて良かったとね
f0153018_19191051.jpg

今回入手したマテリアルは、ピーコックのブラッククイルとラガータンの各種ティンセル類
このブラッククイル、見る角度によってメタリックグリーンに輝くところはタイヤーを魅了しちゃいますね
西洋毛鉤さんからは、ご厚意でフックとマテリアルを分けてもらい、その取り扱いから使途まで伝授して頂きました

PS:西洋毛鉤さん、貴重な時間を頂きありがとうございました
[PR]

by kitasaitoasahikaw | 2009-04-12 19:41 | Fly fishing

Skagit Head

スペイキャスティングを始めてから早3年
遅ればせながらもスカッジットラインなるものを入手
ラインの選定にあたっては、各メーカーのキャッチコピーを基に自分が通うポイントのキャスティングをイメージ
川幅20m前後でフリーストーンが点在する早い流速
石裏の緩流帯に付いているレインボー
そんな中からマスタリーのスペイ・スカジット・ヘッドをチョイス
肝心のランニングラインは、シュートしたヘッドに適度な張力が働き、ループの展開を阻害しない太さ
そしてハンドリングを顧慮しキャップスのモノコア30Lb(0.03ich)のフローティング
いゃ~、イメージしているだけで釣った気分になっちゃ
f0153018_6341892.jpg
いましたね(笑)
[PR]

by kitasaitoasahikaw | 2009-04-10 06:35 | Fly fishing

Inghilterra Wet Fly Box

イングリテーラーのウェットフライボックス
年明けから相当数のウェットを巻いてきたんですが
使用目的の不明フライがディスク上に散在(汗)
そこでフライボックスを新たに購入するわけでして
セーヌ革に包まれたお洒落なウェットフライボックス
f0153018_18541454.jpg

雰囲気が良いね
[PR]

by kitasaitoasahikaw | 2009-04-08 18:59 | Fly fishing

早春の候

朝晩の冷え込みがまだ続く四月
日中の日差しも強くなり、雪解けが着実に進み日一日と春めいてきましたね
そんな穏やかな日に道東へ
条件は厳しいと聞いていましたが、グリーンバックの言葉に誘惑されてとある河川の河口
f0153018_8153110.jpg

普段は人が多くて立ち入ることが出来ないポイント
どうやらマズメが終盤を迎えたようで、一人また一人とポイントを立ち去って行く
それもそのはず、自分がポイントに到着した時間帯は潮止まり
おまけに雪代で河川水位は上昇中
そんな状況下においても、周囲でポツポツとアメマスがヒットしているんだよね
俄然やる気もアップ
f0153018_8194893.jpg

ところが、キャスト後のロッドティップはウンともスンとも・・・
タイプ♯4のSTラインでやっとアメマスの小学生とご対面
ちっちゃいけれどサビもすっかり取れた立派なグリーンバック
さっ、「始業式に遅れるぞっ」って彼の背中を見届け水の中へ
そこへこのポイントの指南をして頂いた隊長さん
地元河川に精通している方が来てくれるとホント心強いね
挨拶もそこそこに二人で定位置で揃ってキャスト
厳しい釣りが続く中、隊長はしっかりヒットさせている
それもビックサイズをね
f0153018_8201429.jpg

しばしの時間、一向に釣果が上向く気配が無いと諦めて河口を移動
そこでキングサイズのウグイを連発・・・ガッハッハッ
流石にファイトもビッグ、「ギューゥ」だってさっ・・・(苦笑)
どうやらこのポイントもかなり渋く、一筋縄ではアメマスがヒットしてくれない
このような状況でも的確にアメマスを釣り上げる隊長
これが釣師ですね・・・完敗
[PR]

by kitasaitoasahikaw | 2009-04-05 08:28 | Fly fishing