<   2011年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

気ままな一人旅

f0153018_20484277.jpg

前日からツーの行先を考えていたのですが、10年近くもツーリングをしていると道南方面を除いてほとんどの観光地は訪れているわけでして(笑)
その日の晩は、「明日考えよう」で就寝
翌朝、そそくさと朝食を済ませて行先を思案するもこれと言った行き先が決まらんのです
どうも歳のせいかルート上で街中走行は嫌だし、法定速度順守は眠気がさすし
とりあえず峠ルートを選択して決まったのが、「中頓別の八番ラーメンを食べに行く」でした(汗)
ここは、以前赴任先でお世話になった食堂なんです(笑)
まぁ親爺さんの顔も久しぶりに見たいと思いましてね
早速、愛別ダムから朝日町岩尾内湖を抜け下川町へ
幌内越峠を経由し美深峠を降りて仁宇布
そしてR120を通って歌登町から中頓別へとつながるワインディングルート
f0153018_20535422.jpg

食堂へは昼過ぎに着きましたが、元気な親爺さんが店から出てきて出迎えてくれました
丁度お昼時を過ぎていたので親爺さんと二人で同じテーブルに付き遅い昼食
ラーメンをすすりながら昔の話や近況などを話したり
f0153018_20592074.jpg

この地を離れてから早6年
街並みは以前と変わりはないようでしたが、休日なのに人通りは今も昔もまばらで閑散
なんとか元気を出してほしい中頓別町でした
f0153018_2102282.jpg

さて、帰路のルートはオホーツク海を下って沢木から宇津を経由して西興部
そして札久留峠、上紋峠を通って愛別町に入り地元へ向かうルート
f0153018_2112810.jpg

ここで、上紋峠の上りで燃料ゲージがフリッカしちゃいましてね
オドメーターの切り番5555(km)はゲットしたんですが・・・
この段階でガソリンの残量は4リッター
時計の針は5時を過ぎています
CBの燃費はペースを抑えても21.3(km/l)がいままでの最高値
とっ、言うことは残りの燃料で85.2(km)は走ることができる
紋別に戻って補給すれば間違いなく峠越えはできるのですが・・・・
それじゃ、時間のロスで暗闇の中を一人で走らなければならずチビリそうですし(爆)
f0153018_2124277.jpg

ここは回転数を必要以上に上げないようにペースを維持し、なんとか地元のスタンドまでたどり着くことができました・・・ホッ
給油量は20.45(l)
CBのタンクは満タンで21(l)なんです(滝汗)
もう少しのところで自宅まで押して帰えるハメになるところでしたわ!
[PR]

by kitasaitoasahikaw | 2011-07-25 21:10 | Motorbike

いい加減

f0153018_2128572.jpg

よく物事を適当にすませてしまうことで使われる言葉、「いい加減」
昨日の釣りがそうでした(汗)
前日の疲がまだ取れぬままポイントに到着
いくぶん笹濁りが残るが、目を凝らすとなんとか底石が見える水況
ここは昨年リールのディスク不具合でバラしたポイント
当日はシングルロッドで岸際を丹念に流していきました
確信部と思われる付近でかすかなアタリが・・・
ここは一旦上流へ繰り上がり、あらためて流すと小さな手ごたえ
よしっ、水平近くに下げていたロッドを大きく持ち上げると大きな弧を描きラインは流芯へ向かって一直線・・・ヒェ~(滝汗)
この間わずか数秒のことでして・・・
パーフェクトのドラグなんか効くはずもなくラインがバックラッシ・・・汗・汗・大汗!
いままで引き出されたラインは絡んで急停止しちゃうし
さすれば成り行きはプッツンでつ(爆)
ラインのことは以前からスプール内でユルユルだったのは確認していたんです
巻き直しをしていなかったのは自分の責任
まっ、これが爺の「いい加減」でした(苦笑)
何時になったらこのポイントの虹鱒をランディングすることができるでしょうかね
f0153018_21295847.jpg

さて、日付は変わって今日のお話し
最近、ドカの試乗会参りにお熱を上げている爺
わざわざディーラーに出向いて試乗したのは今季ニューマシンの「ディアベル」
ヤマハのV-MAXを思わせるスタイリング
装備に至ってはキーレスエントリーシステム、一部有機ELの表示部、マルゾッキのサスペンション、モノブロックのブレンボキャリパー等々・・・
我が愛車のタイヤより太いピレリ240/45-17の後輪は圧巻!
肝心の乗り心地は、170㎝ギリギリの爺でも両足ベッタリの車高
市街地は楽チンそのものでしたね
湿式クラッチで走行フィーリングも良好なのですが、市街地で60km前後の速度域となると3速、4速を頻繁に多用するのでギクシャクしちゃいました(汗)
やはり高速クルージング向きなのかな?
それでも一旦アクセルを捻ると怒涛のような勢いで加速
2気筒特有の鼓動がシャシを伝わりバイク本来の躍動感を感じ悦に浸りました(笑)
街中では物珍しさも手伝って熱い視線・・・
ただし乗っているのは親爺ですけれどね(爆)
f0153018_21312523.jpg

また、今回マイナーチェンジした848EVOは鮮やかなレッドホイールとなってデビュー
やはり見るだけタダは精神衛生上よくありませんでした(笑)
[PR]

by kitasaitoasahikaw | 2011-07-10 21:32 | 日常

暑ぢぃ~

f0153018_2026382.jpg

先週は蒸し暑さと忙しさでちょいとバテ気味になっておりました
なので今日は日ごろの憂さ晴らしにと峠へ涼みにGo!!!
自宅を出てわずか40分後には緑に囲まれたワインディングロード
すれ違う対向車も少なく快適に走るBig-1
心なしかアクセルもチョイと開け気味
f0153018_20274531.jpg

頂上に近ずくにつれだんだんと風が冷たくなってゆくのが感じ取れます
バイクに乗れる幸せを改めて実感
峠のパーキングはスルーして峠を下り、経由地の山間部の村に到着
f0153018_2030627.jpg

そこでシグナル待ちでのこと
なにか暑い・・・ヴォ~ン!?
シグナルの停止時間が長いためCBの水温が103℃を超えて電動ファンが回り始めた!
クソ暑いのに股下から熱風を受けて大事なところがローストじゃ~(爆)
額からは汗が噴き出すし・・・ギョ~!
ふと、メーターパネルの表示を外気温度の表示に切り替えてみると
f0153018_20313399.jpg

31℃もあるんじゃないですか・・・どえりゃ~事でつ!
これじゃぁ地元にいた方が涼しかった(苦笑)
f0153018_20385346.jpg

帰路の途中、道のど真ん中で出くわした蛇
ヘルメットの中で「ワァ~ッ!」って叫んでもね
なぜか今年は蛇によく出会う
[PR]

by kitasaitoasahikaw | 2011-07-03 20:41 | Motorbike